社長、社員、バイトさん、派遣さんが入り交じっての交換日記?or 愚痴日記?


「課長、おはようございます。このところよい天気がつづいて気持ちがいいですね。もっとも、午後になると少しは暑くなるかもしれませんが」
あけはなたれた窓から流れこんでくる若葉の匂いを含んだ風を受けながら、私は上役の机の前に立った。
「ああ、おはよう。きょうの仕事はこれだけだ」
と課長は無表情な目で、遠くの青空で育ちはじめている入道雲を見つめたまま言った。そして、机の上にある何枚かのカードを、片手で私の方に押しやった。
 
 *文庫本「ボッコちゃん」(昭和46年新潮社発行)収録の”生活維持省”より抜粋

この作品は、日本SFのパイオニアであり、ショートショートの大家、星新一さんの一編です。
本作品は、最近NHKで短編アニメ化され放映されました。
 *ショートショート:400字詰め原稿用紙5枚~8枚程度で仕上げる小説。

彼の作品の特徴は
・固有名詞は殆ど登場しない。
・人名は単純で、
姓:エヌ氏、アール氏
名:三郎、アイ、アリサ
男、女、妻、夫、警官、弁護士、宇宙人
 程度である。
・その時代に起きていることを直接表現しない。
・とにかくやさしくて読みやすい文章である。
等々

時代、世代を越えても違和感無く読めるように作られています。
人によっては、幼稚で、古めかしい表現と感じられるかも知れませんが、
実はしっかりと風刺もなされ、人々に対する警鐘も含まれているのです。

冒頭の”生活維持省”が、近未来のことなのか、遠い未来のことなのか、
それは、あなた次第です。
 *全編を読みたい方は、遠慮なく申し出てください。

****************136ed9d0.jpeg
bb1ae7bb.jpeg










注)これをいつ頃購入して読んだのかというようなことは聞かないように!

今日はこのあたりで、お・し・ま・い・

good-night

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
星 新一氏の作品はほぼ全て読破してます。
40年も前に出版された本を今読んでも全く違和感
なく読める不思議さが同氏の優れた才能の一端で
しょう。
GM 2009/06/02(Tue)12:33:02 編集
無題
中学生の頃に読んだ事があります。
知らぬ間にポケットに手紙が入っていてその指示通りに生きて行く男の話が衝撃的でした。
ターミヤ 2009/06/02(Tue)21:23:29 編集
無題
ロボットのお話を読んだような気がします。
メタ坊 2009/06/09(Tue)21:58:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
なかのひと
最新コメント
(09/20)
(09/19)
(09/18)
(09/17)
(09/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
GM
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
テレビにツッコミいれる事
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析