社長、社員、バイトさん、派遣さんが入り交じっての交換日記?or 愚痴日記?
ノーベル文学賞受賞者のカズオ・イシグロの『わたしを離さないで』を読みました。いやはやすごい小説でした。今まで知らなかったなんてもったいないことをしたと思いましたね。

そもそも、私は小説があまり好きではないのです。小説とは一言でいうとつまり作り話なわけで、嘘くささが鼻につくともうダメなんですね。白々しいセリフなど「そんなこと言わないだろ」と気恥ずかしくなってしまうのです。

ところが、この本を読んで小説(作り話)の凄さといいますか、作者の想像力とかストーリーの組み立てとか、もう本当に参りました。1つ1つのフィクション(作り話)を丁寧に重ねて、重ねて、一つの大きな絵を描くような、そんな作品です。ぜひ読んでいただきたい。

読み始めはよくわからない、地味な話しで、ほとんどの人は退屈に感じるでしょう。半分までいかないうちに読むのを止めたくなります。

が、辛抱強く読み進めていくうちにジワジワと引き込まれていきます。静かに深くドキドキします。そうするともう読むのを止められません。小説ってのは一つの芸術だなと思いました。これは凄い。

読んだ後は、2,3日は余韻にボーっとしてしまいます。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
これは読んだ事ないですが2010年にイギリスで映画化
されてますね。
また日本でも舞台化や2016年に綾瀬はるか主演でテレビドラマにもなってます。

どちらも残念ながら観てませんが。
ちょっと興味が湧いてきました。
GM 2019/09/18(Wed)09:00:42 編集
無題
読んでみます!
ターミヤ 2019/09/24(Tue)12:20:47 編集
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
5
6 12
13 14 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
なかのひと
最新コメント
(10/17)
(10/16)
(10/15)
(10/15)
(10/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
GM
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
テレビにツッコミいれる事
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析