社長、社員、バイトさん、派遣さんが入り交じっての交換日記?or 愚痴日記?

何度目かの椎名誠ブームが個人的に到来しており
先日『三匹のかいじゅう』という本を読みました。

自身の息子・岳くんの成長を描いたベストセラー『岳物語』の主人公だった
岳くんはすでに立派な大人になり、3児の父になっていて
気がついたら椎名さんも「おじいちゃん」の仲間入りをしているのですね。

で、この本は孫達のことを書いた本でありまして、
その中に、2歳の女の子の言い間違いをおもしろおかしく書いている箇所がありました。
「びじか(耳鼻科)」「ピュンキューター(コンピューター)」などなど。


幼い子どもの言い間違いはとてもかわいいのですが
悲しいかな衰える一方の親の脳みそは覚えていられないのですね。
そうかこうやって書いておけば忘れても読み返せばいいのだと思い、
我が子(次女・3歳)の珠玉の言い間違い集をメモしておきます。

べんじゅびじゅんで(全部自分で)
しじまろう(しまじろう)
どうもしまいまして(どういたしまして)
ささかま(さかさま)
どれましど(ドレミファソラシド)
ごちさまたったったっ(ごちそうさまでした)
こちょ(チョコ)
ばんがる(がんばる)
ひさぶり(久しぶり)
コップコーン(ポップコーン)
フラループ(フラフープ)
かやがく(かがやく)
ごみちゅうちゅうしゃ(ゴミ収集車)
ろくちゃ(緑茶)

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
言い間違いの時期は可愛い盛りですねぇ

もうすっかり忘れてますがひとつだけ憶えてました。

おしみる(お味噌汁)

懐かしい思い出です。

GM 2015/02/21(Sat)12:55:23 編集
無題
ホントかわいいですね。
でもって、「かいじゅう」なんですね。
いろんな意味で。
shi-i-oh! 2015/02/23(Mon)21:23:07 編集
無題
こういう事を書き記しておくのは重要ですよね。
数年後に見ると目頭が熱くなります。
ターミヤ 2015/02/25(Wed)12:33:28 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
なかのひと
最新コメント
(09/20)
(09/19)
(09/18)
(09/17)
(09/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
GM
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
テレビにツッコミいれる事
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析