社長、社員、バイトさん、派遣さんが入り交じっての交換日記?or 愚痴日記?

どうも「ここにしか咲かない花」のGMです。

前回のエントリーから4ヶ月も立ってしまいました。
その間に色々な事が起きましたねぇ・・・エジプトではムバラク政権の崩壊
日本においては東北大震災と・・・・
このまま旅行記もフェイドアウトしようかとも思いましたが中途半端が嫌な性格です
ので新年度と言う事もあり完結編をお送りしようと決心しました(大げさ

それでは完結編スタート!

ルクソールからナイルエクスプレスに乗車し無事カイロ市内に到着した私達は
今旅の目玉の一つである「エジプト考古学博物館」観光に向かいました。

b9c0112c.jpg正面玄関です。







P1000319.jpgこれが博物館を造ったフランス人考古学者オギュスト・マリエット
の像です。






さて内部ですが・・・・

残念ながらここも撮影は一切禁止されています。
カメラ等の持ち込みは不可で入り口で厳重チェックの上預けます。
しかし折角なのでネットで見つけた画像を紹介致します。

ddf32249.jpg09d0dec5.jpgff87afa4.jpg黄金のマスク
黄金の棺
石棺







ツタンカーメンのミイラをこの黄金の棺に入れさらに同じものを2つ重ねて埋葬
し、それを副葬品と共に石棺に入れます。またこの石棺も大中小3つもあり重ねて
いくのです。
その他、ミイラを数十体保管している部屋もあり見応えは十分です。
考古学に興味のある方は卒倒しそうなくらいの展示品でしょうね。
写真がなく記憶しかないのがほんと残念です。少しくらい撮影させてほしかった
なぁっと今になって思いますね・・・・

さて午後からは古代遺跡巡りに向かいました。

P1000337.jpg
ダハシュールの屈折ピラミッド







P1000371.jpg
次はメンフィスの古代遺跡にあるラムセス2世の巨大石像です。
古代に地震があり倒れてしまいましたがそれがより一層大きさを
感じさせます。




P1000393.jpgサッカラの階段ピラミッドです。世界最古のピラミッドでピラミッド
建設方法の基礎となったと言われています。






さて遺跡巡りを終えツアーはカイロ市内のハンハリーバザールにお土産を買いに向かい
ました。

P1000409.jpg買い物に夢中で写真はこれしかなかった(笑

ここで右端に移ってるツアーガイドのなっちゃんから注意があり
まして警官が要所にいるのですがそこまでは安全だけどそこから
先は絶対に行かないようにと言われました。観光客、特に日本人が
狙われて金品を奪われるそうなんです・・・
怖いねぇ・・・・やはり外国なんだと納得しました。

そしてエジプト最後の夜、ナイル川ナイトクルーズです。
P1000411.jpgP1000416.jpg








P1000424.jpgP1000426.jpg船内では食事とベリーダンスショーを
堪能しました。






ナイトクルーズを終えツアーはカイロ空港に向かいました。
チェックインを済まし、出国手続きも無事に終え(結構緊張しましたよ)
後ろ髪引かれる思いでエジプトをあとにしました。
復路は11時間をかけ夕方の関西空港に無事到着し税関手続き、入国審査を終え
ツアーで一緒だった方々との別れを惜しみつつ帰路につきました。
6日間の短い旅でしたが一生記憶に残る素晴らしい旅でした。
帰国してつくづく日本は良いと思うと同時にエジプトに行って本当によかったと
思いましたねぇ・・・・ほんと実感です。
現在のエジプト情勢では旅行どころではない事を考えるとほんとラッキーだった
とも言えるかも知れません。現在のところツアーもないみたいですし・・・・

いやぁほんとよかったです。感動しました。

これでエジプト旅行記は終了です。
最後までお付き合いして頂きありがとうございました。
それではまた~。
 

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
長編執筆ご苦労様でした。
私も一度は海外に行ってみたいです。
ターミヤ 2011/04/20(Wed)12:24:46 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
なかのひと
最新コメント
(09/20)
(09/19)
(09/18)
(09/17)
(09/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
GM
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
テレビにツッコミいれる事
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析